エラの原因

女性

エラはなぜできるのか

エラは生まれつきのもの、遺伝的なものと思っている人が多いと思います。しかし、エラの原因の多くは日常生活の癖が影響していることが多いのです。エラができてしまう原因の例として、就寝中の歯ぎしりや歯の食いしばりなどがあります。歯ぎしりや食いしばりをしていると、咬筋が発達してエラへと繋がってしまいます。今エラで悩んでいなくても、もしかしたら将来エラができてしまう可能性があります。自分では意識していなくても、意外と咬筋を使用している可能性があります。

エラ防止方法

エラを防止するには、日頃から咬筋を使わないように意識してみましょう。食べ物を食べたりしゃべっているとき以外、あなたの口元はどのような状態ですか?口を閉じているときに上下の歯が当たっている人は要注意です。無意識に咬筋が鍛えられているかもしれません。口を閉じているときは、上下の歯がくっついていないの正しい状態のため、意識して確認してみましょう。歯ぎしりや食いしばりはストレスが影響していることが多いので、日頃からストレスを溜めないように意識したり定期的にストレス発散することが大切です。また、眠っているときの食いしばりの原因には「枕があっていない」ということも挙げられます。今一度、使用している枕が合っているか確認してみてください。自分に合った枕を使うと同時に、仰向けで寝ることを意識するとより効果的です。さらに、今エラで悩んでいるのであればエラ解消マッサージをしてみるのも良い方法です。エラの筋肉をほぐし、改善へ努めましょう。このようにエラは日頃の生活習慣が影響してできてしまう可能性があります。エラを解消したいのであれば、マッサージの他にもボトックス注射がおすすめです。

Copyright© 2019 小顔を手に入れる!今話題のボトックスの効果とは? All Rights Reserved.